Home

ジュラシック・ワールド炎の国【感想・評価・レビュー】あらすじをご紹介

DEFUGAMI
DEFUGAMI
2018年夏、ジェラシックワールドの続編である、ジェラシック・ワールド炎の国が公開されました。
映子
映子
続編が次々に製作されるほど、好調なジェラシックシリーズになりましたね!

今回のストーリーは、前作から3年後の設定で、果たして恐竜たちはどうなったのでしょうか?

恐竜たちの新たな危機で再び集結


日本独占映像!映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」予告編が公開

前作では、ジェラシック・ワールドから多くの人が脱出したところで、無事終わりましたね。
大活躍だった、クレアとオーウェンは、ラストにお互いの気持ちを交わし、新たなハッピーエンドのはじまりを予感させていました。

映子
映子
二人のその後が気になるところですね!
DEFUGAMI
DEFUGAMI
3年後の二人の仲は?そして生き残った恐竜たちの運命はいかに!?
DEFUGAMI
DEFUGAMI
前作については、こちらからどうぞ▼

www.defu-gami.com

あらすじ|あの事件から3年後、島には思わぬ危機が発生!


赤ちゃんブルーが可愛すぎる!映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」スポット映像が公開

1作目で島から人間が去り、人の手が加わらない自然環境によって、恐竜たち独自の生態系が築かれ始めていました。

映子
映子
思わぬ事態とは?恐竜たちに何が起きたのでしょうか?
DEFUGAMI
DEFUGAMI
あれから3年後、恐竜たちが暮らす島に、大規模な火山噴火が予測されてしまいます。

そんな中、密かに不穏な集団が島に到着し、何かを探していました。

映子
映子
不穏な集団ッ!?どういうことですか?
DEFUGAMI
DEFUGAMI
彼らの目的は、1作目で登場した最強の恐竜インドミナスレックスの骨を持ち帰ることでした。

数々の恐竜との遭遇にあいながらも、インドミナスレックスの骨を持ち帰ることができた頃、合衆国連邦会議では恐竜の保護について『政府の保護はしない』と裁決が下されます。

その頃クレアは、前作行なっていたパーク運営の手腕を活かし、恐竜たちの保護団体を立ち上げ、自らの手で恐竜たちの救出を決意します。
資金調達に奔走していたクレアに、ロックウッド財団が資金援助の手を差し伸べました。

財団の創設者ベンジャミン・ロックウッドは、初期のジェラシックパーク創設者ジョン・ハモンドと旧知の仲だった人物です。
当時は、ハモンドと一緒に恐竜の復活に勤しんでいた過去がり、恐竜の保護は他人事ではありませんでした。

ロックウッド財団の顧問であるミルズから、救出作戦の中でラプトルのブルーが重要だとクレアへ伝えます。
ラプトルは、オーウェンが調教に成功した恐竜で、ジェラシックワールドでもオーウェンたちを救った恐竜です。

映子
映子
オーウェンが育てていたブルーのことですね!元気でしょうか?恐竜の中でも、ブルー(ラプトル)が一番好きです!
DEFUGAMI
DEFUGAMI
ブルーは、ちゃんと生き残っていたので、安心してください!
映子
映子
ここまで、オーウェンの姿を見かけませんが、彼はクレアと一緒にいなんですか?
DEFUGAMI
DEFUGAMI
オーウェンは、この3年間のうちにクレアと別れ、田舎で隠居生活をしていました。

クレアは、ブルーのこともあり、恐竜の保護計画にオーウェンの助力を求めるために交渉に行きます。
彼は、最初ははねつけますが、クレアが帰ってからブルーの観察録を見返し、当時のブルーとの生活を思い返し決意しました。

二人は新たなチームとともに、再び島に踏み入れますが、予想通り簡単には計画は進まず、ロックウッド財団のミルズからの裏切りや、火山噴火などのハプニングへ巻き込まれていきます。

映子
映子
火山の噴火前に脱出できたんですか!?それにミルズの裏切りとは?
DEFUGAMI
DEFUGAMI
脱出中に噴火が始まりましたが、無事脱出はできました。ですが、全ての恐竜を救い出すことができませんでした。
映子
映子
そうだったんですね!せつない展開です。で!裏切りの方は?
DEFUGAMI
DEFUGAMI
ミルズの企みは、ぜひ本編をみてください!そこで、衝撃の事実が待っています。
映子
映子
良いところで解説が終了なんですね。本編みます!ここからが面白いところですね。

注目のキャラクター紹介|イアンマルコム博士が舞い戻る


「ありがとう」の発音良すぎ!映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クリス・プラット日本独占メッセージ映像

ジェラシックパーク・シリーズの中でも、あの懐かしの人物も登場します。
一作目・二作目に登場した、ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム)が帰って来ました。
ジェラシックパーク初期のファンには、テンションが上がるポイントの一つです。
出演していた時間は、10分もありませんでしたが、ストーリーを支える主軸の展開でした。

◯どの場面で登場しますか?

◯合衆国連邦会議で、ジェラシックパーク時の経験に基づき、恐竜を保護した場合『人間と恐竜の共存』について助言します。

ジェフは、1作目の当初から、恐竜を人工的に生み出すことに、倫理的問題とその危険性に対して危惧していました。
ジェラシックパークで、散々な目にあった彼だからこそ、人間がコントロールできる範囲を超えていると議会の場で、多くの人に警鐘ができたのでしょう。

◯あくまでフィクションですが、作品のリアリティを深める重要なポジションですね!

◯ごもっともです!予告からジェフのシーンは公開されていたので、いざストーリーを見始めると、世界観にドップリでした。

DEFUGAMIの感想

DEFUGAMI
DEFUGAMI
前作に比べて、リアリティーが増したことを実感した作品です。実際に恐竜が復活すると、ジェラシックワールドの出来事が起こりそうだと感じました。
映子
映子
ジェラシックシリーズのファンとしては、オススメの作品ですよね!
DEFUGAMI
DEFUGAMI
オーウェンとクレアの関係も復活するところも、少しトキメイテしまいます。

恐竜を救出する作戦だけに留まらず、劇中の中で人工的に生み出すことへの責任を、鑑賞者に伝えていました。
アクション・ドラマなど、要素が盛りだくさんの『ジェラシックワールド炎の国』です。
ぜひ興味がある方はご覧ください。

ABOUT ME
defugami_m
defugami_m
最新映画情報をはじめ、海外ドラマ、アニメや漫画など、女性が気になる情報をピックアップ! 劇中の華麗なファッションやインテリアなどにも注目!女性が気になるエンタメに関する情報はDEFUGAMIシネマパラダイスへ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です