Art & Culture Art & Culture/Art Art & Culture/Movie&Drama Home

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド【美術館】山梨県立美術館 | 夏休みのお出かけ | 展覧会

投稿日:

夏休みに是非お子様や恋人と、誰かと一緒に行きたい体験型アート展を発見!
見て回るのではなく、自分も一体になる展覧会は、美術に興味がない方も楽しめます。
夏休みの自由研究にも最適です。

f:id:apartita7:20180709101912p:plain

まるで魔法のようなアート展

www.art-museum.pref.yamanashi.jp

様々な分野で活躍するアーティストが、物・音・空間などを使って、五感で楽しめる様々なアート作品を展示。20年30年前では、表現できなかったデジタル・アートは、コンピューター技術の発展により実現しました。

自分の動きに合わせて、アート作品が動き出していきます。

大人も子供も楽しめる、イリュージョンの数々は、まるで魔法のようです。

  • 展覧会名 : 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
  • 会  場 : 山梨県立美術館 特別展示室
  • 期  間 : 平成30年6月30日(土)~8月26日(日)
  • 休  館 : 月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日
  • 時  間 : 午前9:00~午後5:00 (入館は午後4:30まで) 

嬉しい撮影許可

こちらの作品たちは、撮影&SNSの画像を投稿など、許可が出ています。
夏休みの自由研究に、いつも悩まされていますよね。使えますよ!
体験型のアート展覧会なので、学習にももってこいです。

 

注目アーティスト(私の独断で選出です笑)

・宮本昌典さん『portrait』

MSNR MYMT | MASANORI MIYAMOTO PORTFOLIO

鑑賞者が、作品の前に立つと、瞬間的に自画像が作られる作品で、様々な表現によって描かれる自分を見ることができます。

なおかつ、描かれた自分が動き出すので、大人も子供も笑顔になるアート作品は、期待大ですね!

 

宮本さんの動画を見ましたが、作品の前に立った瞬間的に、様々な自分が見れるのが、タイムロスがないので、どんどんその作品の世界へ、引き込まれるようでした。実際に自分の肖像を見てみたいです。

 

・坪倉輝明さん『七色小道』

teruaki-tsubokura.com

 

道に見立てられた作品で、道の上にいる鑑賞者の動きに合わせて、様々な色や光が万華鏡のように変化していきます。
これは子供が喜ぶこと、間違いなしの作品です。

万華鏡と同様に、同じ表現を見ることはできない作品ですので、いつまでも楽しめます。

 

実際の街中に、こんな道があれば嬉しいですね。夜中に、この作品と同じように、道から美しい光と色が溢れたら、治安が悪いところでも、自然と環境の変化が起こるような、素敵な作品です。

 

余談:インタラクティブアートとは?

簡単にご説明すると、作品と鑑賞者の一体型のアート作品のことです。

作家が創ったインタラクティブアート作品は、鑑賞者がいなければ、本来の作品の良さを発揮できません。

 

インスタレーションは、1970年あたりから広がった現代美術です。
パフォーマンス・アート作品も、その中に入ります。

日本では、前衛芸術家の中でも、女王と呼ばれているのは、草間彌生さんです。皆さんも名前を聞かれたことはあるのでは?

草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて

草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて

 

 

若い頃は、過激なパフォーマンスを行い、その後の代表作品は、水玉模様をモチーフに作成された、絵画や彫刻たちです。

草間彌生:オブジェ PUMPKIN イエロー

草間彌生:オブジェ PUMPKIN イエロー

 

 

 

ぜひ、この夏に行って見てください!

 

お題「行きたい場所」

お題「好きな作家」

-Art & Culture, Art & Culture/Art, Art & Culture/Movie&Drama, Home

Copyright© DEFUGAMI.com 夫婦ブロガーのDEFUGAMIの日常 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.