Art & Culture Art & Culture/アニメ Book Book/小説 Home

GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり【アニメレビュー】異世界ファンタジー&リアルな設定

投稿日:

異世界アニメが熱いこの頃ですが、2015年に放送されたこの作品は、設定も作り込まれていて、王道の異世界アニメではありません!

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり Blu-ray BOX 1<初回仕様版>

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり Blu-ray BOX 1<初回仕様版>

 

 

異世界&自衛隊のスケール感

日本の銀座に、突如開いてしまった異世界へのゲート。

それによって引き起こされた、異世界の住民たちとの戦いは必然でした。

 

その戦いも落ち着き、日本政府は異世界内に拠点を特地と名付け、自衛隊を派遣することができました。

異世界内には、さまざまな資源があるため、派遣された自衛隊は、偵察と交流を一任されていました。

 

 

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.1 接触編I <初回生産限定版> [DVD+CD]

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.1 接触編I <初回生産限定版> [DVD+CD]

 

 

オタクの隊長率いる部隊

第3偵察部隊を率いるのが、主人公の伊丹です。

伊丹のキャラクター設定は、同人誌好きなオタクであり、猫耳や異世界ファンタジーが大好きな、飄々とした性格です。

 

そんな彼をリーダーとした部隊は、なかなか特殊なメンバーが集まる中、率先的に異世界の住民たちのトラブル救助に関わっていきます。

例えば、火龍(火を噴くドラゴン)を撃退し、村人を救助しながら、エルフや魔導師、猫耳の神官たちと仲間になります。

これぞ、ザ・異世界ファンタジー

 

 

異世界に対しての対応がリアル

ただ異世界に迷い込み、そこでチートな力を発揮する設定はよくありますよね。というより、異世界に対しての王道すぎる設定になってしまっています。

 

このアニメでは、異世界に対しての政府の対応策が主軸にあるので、別段に主人公は魔法が使えるようにはなりませんが、このリアルな方向性がリアルさの密度を上げています。

 

異世界内での、自衛隊の対応について、国会議事堂での審問会。そして政府の今後の対応と各国の焦りなど、もしリアルだったら起こり得る部分も、しっかりと描かれています。

 

そして!言葉は通じないのは当たり前

リアルでも、国外になると言語が違いますよね。異世界なら尚更なハズです。そこを、このアニメは見落としていなかったんです。

突然、異世界に入ったら、コミュニケーションが取れるなんてチートはしません。

 

アニメの中盤では、お互いのコミュニケーションが取れるようにガイドブックが登場したりと、隅々まで細かな作り込みにテンションが上がります。

 

今の世界アニメに飽きたら、見てください!オススメですよ。

インフィールド広告336

スポンサーリンク

インフィールド広告336

スポンサーリンク

-Art & Culture, Art & Culture/アニメ, Book, Book/小説, Home

Copyright© DEFUGAMI.com 夫婦ブロガーのDEFUGAMIの日常 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.