Art & Culture Art & Culture/Movie&Drama Home

ロスト・バケーション【映画レビュー】ドラマ | スリラー | 忍び寄る残忍なサメの恐怖と孤独vsブレイク・ライヴリー

投稿日:

迫り来るサメへの恐怖と海の中で死の影にたった独りで立ち向かう美女。

サメの映画で思い浮かべるのは「ジョーズ」ですよね。こちらの映画は、ジョーズさながら迫り来る恐怖を見事に表現している作品でした。 

ロスト・バケーション [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ロスト・バケーション [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 

サメ映画ファンも大満足の傑作

ゴシップガールで大ブレイクした、ブレイク・ライヴリーが主演。危機迫る状況に立ち向かう、迫真の演技に取り込まれました。

 

ゴシップガール 1stシーズン前半セット(1?10話) [DVD]

ゴシップガール 1stシーズン前半セット(1?10話) [DVD]

 

 

 

ブレイクが演じる医師の卵のナンシーは、母の死をきっかけに休暇をとり、母の思い出のメキシコにある秘境のビーチへ、サーフィンをしに旅行にきていました。

 

  • 異変に気付くナンシー

最初は順調に、地元の青年たちとサーフィンを楽しんでいましたが、青年たちが先に帰り一人で波を待っていると、沖合に瀕死の状態のクジラを発見し異変に気づきました。

 

最後の波にのった瞬間、何かに脚を引き裂かれ命からがら、引潮で現れていた岩場に辿りつきパニックに襲われます。ナンシーの周囲を旋回して泳いでいるのは、海で恐れられるサメでした。

 

  • 執拗なホホジロザメとの戦い

岸までは約200mほど、傷を負っていない状態でサメもいなければ、余裕の距離ですが、ひとたび海に入ると、ナンシーの血に興奮したサメが執拗におってきます。

出血量も酷く体力がいつまでもつか分からない状態での、サメとの根比べ。

 

人にとって脅威になる3種のサメ

すべてのサメが、どう猛で脅威になるわけではありません。

例えばジンベイザメです。主食はプランクトンなどで、穏和な性質なので、人の脅威になる確率は低いといわれています。

 

・ホホジロザメ

・イタチザメ

・シュモクザメ

(その他にもありますが、よく言われるのが上記のサメたちです。)

 

ホホジロザメは、今回の作品で登場したサメですが、ジョーズで有名になったサメでもあります。そしてこのサメは、水族館で長期的な飼育ができないことでも有名ですよね。

 

海では絶対に会いたくないサメ

見ているだけで、ハラハラドキドキしっぱなしでした。

どんどんヒロインがサメに追い詰められていきます。サメが口を開けて、ヒロインを噛み砕こうとしているシーンには身の毛がよだちました。

そして負傷した脚が、壊死し始めて時間との戦いでもあり、息を呑むほどの緊迫感を感じ、画面に釘付けです。

 

中盤に通りがかった人や、サファーの青年たちが近づきますが、ヒロインが涙を流す展開に...。

 

独りで亡き母のように、最後まで勇敢に闘う姿には、意志の強さを感じましたが、サメには絶対に海で会いたくないですね。

 

インフィールド広告336

スポンサーリンク

インフィールド広告336

スポンサーリンク

-Art & Culture, Art & Culture/Movie&Drama, Home

Copyright© DEFUGAMI.com 夫婦ブロガーのDEFUGAMIの日常 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.