Art & Culture Art & Culture/Movie&Drama Home

アフターアース(映画レビュー)ウィルスミス&Jrの親子出演!父と子の絆 | SF映画 | 生死の闘い

投稿日:

ウィル・スミスの父親としての貫禄を感じました笑笑。親子での出演は、幸せのちから(映画)以来でした。

SFとしても、クリーチャーがカッコよかったですね。

He’s so cool. And this movie’s monster was good.

アフター・アース [DVD]

アフター・アース [DVD]

 

親子で助かる道を捜し続ける息子

舞台は現在から1000年後の地球です。

地球は度重なる自然環境の破壊により、人類が居住できる環境でなくなり、人類は惑星ノヴァ・プライムへ移住しましたが、生物兵器アーサーというクリーチャーに命を狙われ続けていました。

 

生物兵器アーサーとは

アーサーは人の恐怖に反応し、人々を殺戮する残忍な生物でしたが、対抗するために、人類は最恐の戦士レンジャーをつくりだしました。その戦士こそウィル・スミス演じるサイファ・レンジでした。

 

ウィル・スミスとJrの親子関係は

彼の息子であるキタイ・レンジは、父と同じレンジャーを目指して周囲の期待に応えてながら厳しい訓練を受け続けていました。しかしレンジャーになる最終試験で、見事に落選し苛立ちを抱えながら、久々に任務から帰還した父と対峙。

 

親子関係を修復するために、父サイファは次の任務でキタイを同行させ、アーサーも積み込み宇宙へ飛び立ちました。しかし宇宙戦が難破し不時着したのが、何と遥か昔に人類が居住不可能になった地球でした。

 

人類への地球の脅威

実は地球に人類が居住不可能になった理由は、地球に存在する植物や動物全てが、人類の脅威に変質してしまったからです。

父サイファは不時着時に負った傷が致命傷になり、とても動ける状態ではありませんでした。代わりにキタイが、故郷へ帰還するために単独で、危険な地球で行動することに。

しかも背後には、アーサーの脅威もあります。

果たして親子の運命は....。

 

親子関係の修復と極限状態に

死ぬ確率の高い極限状態に陥り、なおかつ親子のわだかまりも抱えながら、地球に戻る道を探ることになったキタイは、本当に気の毒でした。

助かるか分からない道を歩き続け、疑心暗鬼になり死への恐怖も感じるなか、恐怖の匂いを嗅ぎつけるアーサーへの警戒。

 

無線で、息子へ声をかけ続ける父が頼りでしたが、その父も危険な状態に陥ります。もうお先真っ暗状態です。

恐怖や怒りなどの感情は、自分の置かれている状況や環境に左右されて、湧き上がることで、つまり自分次第ですが、実際そんなに上手くいきませんよね。

キタイが心配になるばかりでした。

 

アフター・アース×世界侵略: ロサンゼルス決戦 特別パック(初回生産限定) [Blu-ray]

アフター・アース×世界侵略: ロサンゼルス決戦 特別パック(初回生産限定) [Blu-ray]

 

ハラハラ・ドキドキの映画でした。

休みの日にユックリと観るのをおススメします。

インフィールド広告336

スポンサーリンク

インフィールド広告336

スポンサーリンク

-Art & Culture, Art & Culture/Movie&Drama, Home

Copyright© DEFUGAMI.com 夫婦ブロガーのDEFUGAMIの日常 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.