DEFUGAMI.com 夫婦ブロガーのDEFUGAMIの日常

食べ物大好き&英語勉強中

帝一の國(映画レビュー)菅田将暉主演、コメディー映画...爆笑したオススメ映画

 

帝一の國 通常版Blu-ray

帝一の國 通常版Blu-ray

 

お題「年末年始に見たもの・読んだもの」

菅田将暉さんハマリ役、政治を題材にしたコメディー映画は面白いですね。

原作は漫画のこちらの映画、漫画も面白いですよ。

 

帝一の國とは?笑

菅田将暉さん主演の赤場帝一は、日本国内の名門である海帝高校に主席として入学を果たしました。海帝高校は、日本の政治家の卵を育成する学校であります。今時学ラン.....規律と伝統を重んじる海帝高校の生徒会は、時代の官僚候補という特権が約束された特別なモノです。帝一には、将来に総理大臣になるという確固たる信念があり、セオリー通りに生徒会へ入会することに情熱を注ぎます。

順調に生徒会へ入会し、時期生徒会長を見極めたのちに、生徒会選挙時のバックアップを熱心に挑みます。そこで起きる数々の苦難....持ち前の根性で帝一は挑みます。そこ迄する?という事もどんどん実践していく帝一の総理大臣になる理由は、幼い頃の帝一の過去に繋がります。

 

帝一の國 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

帝一の國 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

  

端々にギャグが....

政治を題材しているにも関わらず、堅苦しい面白みのない映画では全く無く、ビジュアルやセリフのペース、演じ方で政治が題材にも関わらず原作同様に、忠実にコメディー映画として完成されていました。また全体的に力の入った全力の演出ですが、ストーリーを飽きさせない様に、強弱がハッキリとした展開で、起承転結が分かりやすい内容でした。

つまり爆笑の連続...

また、全体的にビジュアルが昭和テイストなんです。学ラン以外にも、学校内の装飾や個々のキャラクターも完全に昭和。しかも帝一のお父さん役は、大御所俳優の吉田鋼太郎さんでした。やっぱり大御所俳優さんです、全体が締まりますね。

 

夫DEFUOさんも『笑』でした。ぜひお試しください!


スポンサーリンク