DEFUGAMI.com 夫婦ブロガーのDEFUGAMIの日常

食べ物大好き&英語勉強中

夫婦ブロガー 日本学生支援機構、奨学金の注意点、奨学金返済....なかなか

私DEFUGAMIは大学時代に奨学金を借りて通っていました。

借りているのは日本学生支援機構さんの奨学金でお借りしていました。

芸術系の大学ということもあり、通常の文化系大学より年間の授業料が高額なのは皆さん想像がつきますよね。それを補う為でした。

 

 

奨学金のタイプ・第一種と第二種の違いは?

第一種が返済時に利子が無いものです。第二種が利子が付いてくるものです。

基本的に利子はその年によって変動します。私DEFUGAMIの場合、たまたま利子が高い年でした。

利子は借りられる際は必ずチェックしておいて下さい。

当時、大学に行く為には借りるしか手が無かったので、日本学生支援機構さんを頼りにしましたが、卒業後に返済時の利子付きタイプであれば、金額が大きいのでトータルの返済額が、思った以上に変わるので要注意です。

 

注意するべきポイントは?ボーナスが出た際に割り増しで返済する方法

私DEFUGAMIはこの方法をオススメしません。皆んなが卒業後に必ず就職出来る時代であれば利点かもしれませんが、現代では自分がいつ転職するかもしれませんし、ボーナスが出る会社とは限りません。なのでこの方法はオススメ出来ません。

 

奨学金を借りて卒業後....

自分自身で、奨学金=借金 だという事を頭に叩き込んで下さい。

奨学金という名前でクリーンなイメージがありますが、実際のところはソウなんです。

私DEFUGAMIも奨学金を借りないと、大学に行くことが出来なかったので借りる必要性は、それぞれの家庭状況も有るので誰よりも理解しています。また、現在は借りられている人が昔に比べて断然多いですよね。

私も本当に当時借りる事が出来て助かりました。必然だったのは明白でした。

 

ですが、今後自分の子供が大学に行く時には、奨学金を出来るだけ借りずに行ける様に準備をしてあげたいと、やっぱり思うのです。

このご時世、なかなか月給もグンと上がる事は会社勤であれば、尚更早々に有ることでは無いですよね。あとあと悩みの種になってしまいます。

 

次の世代に向けて夫婦で頑張ります!!

以上奨学金のポイントでした♪


スポンサーリンク